Facebookページにできた「コールトゥアクション」ボタンを早速設定してみた

管理中のFacebookページを見てみると、

Facebookページにあるコールトゥアクションを作成ボタン

おや?何か新しいボタンができている。
コールトゥアクション」と言うそうな。

早速「コールトゥアクションを作成」ボタンを押してみよう。
と、マウスを合わせるとメッセージが。

コールトゥアクションボタン

 

Facebookページから購入や登録などのアクションを実行してもらうためのボタンを追加します

なるほど。ではぽちっとな。
コールトゥアクションボタンを作成なるメニューが出てきた。

コールトゥアクションボタンを作成

 

アプリやウェブサイトに利用者を誘導するボタンをFacebookページに追加します。

「購入する」なんてボタンができるわけね。何だか面白そう。

コールトゥアクションのボタンを選択

ボタンを選択のプルダウンメニューから「お問い合わせ」を選択。
ウェブサイトにはお問い合わせフォームへアクセスするためのURLを設定。
(ボタン名とURLとの意味の一致がポイントかも)
モバイルウェブサイトは今回同一のURLにリンクさせたかったので空欄に。
(スマートフォン向け表示のあるサイトは要設定)
設定して「次へ」。

iOS用のリンク先

iOS用のリンク先を選択なるメニューへ進んだ。
プルダウンメニューをクリックすると「ウェブサイト」か「アプリ」かを選択するようだ。
今回はウェブサイト(お問い合わせフォームのページ)へ進ませたい。よってそのまま「次へ」。

Android用のリンク先

あれ?同じ画面がもう一度?!
いや、Android用のリンク先と書いてあった。
OS別にアクションを変える(iOS用アプリとAndroid用アプリとか)ことも対応しているわけね。
自分にはウェブサイトのままでOKなので、いよいよ「作成」ボタンを押す。緊張の一瞬。

お問い合わせボタン完成Facebookページのカバー画像上に「お問い合わせ」ボタンができた!!

お問い合わせ数(結果を確認)

管理者の場合、コールトゥアクションの結果を確認できるようになっていて、
ボタンをクリックした結果を見たり、コールトゥアクションの編集・削除ができる。

コールトゥアクションの編集・削除意外と情報が少なかった。

「予約する」とか「購入する」とか「アプリを利用」とか、より具体的なアクションをFacebookページから促進させるというのは、Facebookの新たな可能性を発掘できそう。
ショッピングサイトやランディングページをお持ちの方はぜひお試しを。

 

 

 

フォローよろしくお願いします♪

投稿者プロフィール

とものすけ
とものすけ
福岡市在住。気になったことはとりあえずネタにする主義。かしわうどんと沖縄そばとを優先的に選んで食べる。Love Perfume !!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください