Facebook小ネタ

タグ付けを承認制にする(Facebook小ネタ)

※2013年4月26日 加筆しました。

相変わらず利用者が増えているといわれるFacebook(フェイスブック)。
このサイトでもFacebookに関する小ネタを紹介していこうかと思います。

Facebookでは公開する写真に誰が写っているかを設定し、それを見る人に伝えられるための「タグ」というものがあります。
ですが、筆者もそうですが、いくら知っている人が載せてくれた写真といえども勝手に名前を出されるのはちょっと…という方もいらっしゃると思います。
このタグ付け、利用者側の設定で自動的に写真が公開されないように「掲載を承認する」設定ができます。

以下に設定の手順とタグ付けされた写真を紹介するまでの手順を紹介します。

1. 「プライバシー設定」をクリック

2. 「タイムラインとタグ付け」の「設定と編集」をクリック

3. 「あなたがタグ付けされたコンテンツをタイムラインに掲載するかどうかを確認する」の「オンまたはオフ」をクリック
※ 現在選択されている「オン」か「オフ」かのどちらかが表示されています。

4. タイムライン掲載を確認の画面で「オン」をクリック

あとは「戻る」、「完了」と表示ウインドウのボタンを押して操作を完了させます。
これでタグ付けされた場合は内容を確認して承認できるようになりました。

タグ付けされた写真の承認

実際にタグ付けされた場合は、Facebookのユーザー自身のページの「アクティビティログ」に通知されます。

5. 「アクティビティログ」のボタンをクリック。

6. 内容を確認して「承認する」ボタンをクリック。

これで、タグ付けされた写真が公開されます。

プライバシー設定は他にも事細かに設定できるようになっていますので、一度みてみるとよいでしょう。

投稿者プロフィール

とものすけ
とものすけ
福岡市在住。気になったことはとりあえずネタにする主義。かしわうどんと沖縄そばとを優先的に選んで食べる。Love Perfume !!!

関連記事

  1. Facebook Facebookページで動画をアップロードして活用したい3つのポ…
  2. iPhone用Facebookアプリでスポットの写真を提案 iPhone用Facebookアプリでスポットのプロフィール写真…
  3. 写真付き投稿した後に追加でタグ付け 写真付き投稿した後に追加でタグ付け(Facebook小ネタ)
  4. スポット名を編集 スポットの編集を提案(Facebook小ネタ)
  5. Facebookページ名を編集 Facebookページ名を2カ国語対応にする(ページ名の翻訳)
  6. WordPressパーマリンク設定変更 【取扱注意】WordPressのパーマリンク設定を変更した時のF…
  7. Facebookページのユーザーネームを取得する
  8. 過去の投稿の共有範囲を変更 過去の共有範囲を変更する(Facebook小ネタ)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 太宰府天満宮と梅
  2. よかウェブ研究室ホーム画面
  3. 博多駅イルミネーション2018
  4. 警固公園イルミネーション2018
  5. 読谷山そば
  6. 熊本城
  7. 明治通り側の桜の木
  8. 喜屋武岬

YouTube

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーリンク

PAGE TOP