気まぐれ旅

福岡から沖縄へLCC日帰り弾丸ぶらり旅[Day2]

喜屋武岬

一度はまるとのめり込むのが取り柄のとものすけです。

前の記事でLCC沖縄日帰りのレポートを書きましたが、それから一週間もたたないうちにpeachのバーゲン価格情報をゲットするとすぐさま日帰り往復の予約をしてしまいました。
peachの福岡-沖縄往復で5,673円。
(購入時の価格です)

福岡から沖縄へLCC日帰り弾丸ぶらり旅[Day1]

2回目は4月上旬に決行。
レンタカーで沖縄の海が見られるところへ行こうと決めました。
というのも、ニッポンレンタカー沖縄のLCC専用プランなるものを見つけたため。
(2019年1月現在では提供されていないようです)

とりあえず、最南端の喜屋武岬を目指してドライブすることに。
果たして、いかなる行程となったのか。

 

福岡→沖縄LCC日帰りドキュメント(2ヶ月ぶり2回目)

9:45 福岡空港peachチェックインカウンター

一度やってみれば慣れたものです。
…すみません、見栄張りました。
搭乗案内のメールをチェックイン機の前であくせくして探しました。後ろに人並んでなくてよかった。

福岡空港 福岡空港第1ターミナル出発口

10:20 搭乗

最初に乗ったときとほぼ同じ時間に搭乗。
今回は事前の座席指定はせず、通路側の席が割り当てされました。
ボーディングブリッジへ向かう途中、ちょうど福岡空港に到着したゴールドのFDA機が見えたので撮影。FDAにも一度乗ってみたいですね。

福岡空港滑走路FDA

12:15 那覇空港LCCターミナル

前回と違って定刻通り到着。

那覇空港

今回も飛行機を降りて手荷物受け取り所を華麗にスルーし、到着口を出ですぐ右手にあるレンタカーカウンターへ。
レンタカー会社の専用カウンターは2〜3社固まって並んでいて、LCCターミナルがコンパクトな造りであるためわかりやすいです。
今回お世話になるレンタカー会社のカウンターへ行き、名を名乗るだけですぐレンタカー営業所への送迎シャトルバスを案内してくれました。
送迎バスは3分程度でレンタカー営業所へ到着。

12:35 ニッポンレンタカー空港前営業所

Googleマップでは那覇空港第2営業所と登録されているようです。
インターネットで事前にLCC向けの安いプランを申し込みしていて、手続きから説明まではスムーズ。
今回はコンパクトカー(カーナビ無し)があてがわれました。
返却期限は搭乗90分前とのこと。
少し早いかなと思いましたが(これは何度か沖縄でレンタカーを使うと納得しました)、それはそうと出発。

13:05 瀬長島

沖縄本島南部の海が見えるところまで行く、というざっくりしたぶっつけ本番プランで快適走行。
普段運転慣れしていれば車線も交通量も多めの那覇市内ですが問題なくドライブできます。
と言いながら、右折する交差点を一つ間違えて迷い込む。ぶっつけ本番旅には鉄板のトラブル。
しかし、行き着いた場所が瀬長島。
リゾートな感じのショップやレストランが目につく道沿いでした。
那覇空港から車で20分もあれば着きそうな場所にキレイな海が見える場所。さすが沖縄。
迷い込んだ道をそのまま戻って、更に南へ。

13:30 ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

国道331号線を糸満市を通り過ぎて南下。
沖縄を象徴する場所は必ず押さえておきたいので、海へ向かう前に立ち寄り。

ひめゆりの塔

ひめゆり平和祈念資料館

このような現地の資料館では、よく知られている情報も知られていない事実も見たり聞いたりできるのが大切。
昼過ぎという時間帯で団体客はおらず、しかし展示物を二重に取り囲むほどの入場者がいました。

14:15 ひめゆりそば

ひめゆりそば

沖縄に来たからには現地のソウルフードを食す、ということでひめゆりの塔近くにある沖縄そばのお店、ひめゆりそばへ。
ソーキそばを注文。
またしてもこの行程唯一の食事。

ひめゆりそば

沖縄そばはこの他にもたくさん食べて回りました。

沖縄本島で沖縄そばを食べ歩きしまくったまとめ2016-2017

14:40 ひめゆり観光センター

観光地と併設のお土産屋さんに立ち寄るのも鉄板。
実際購入するのはさんぴん茶とちんすこうだけだったり。

ひめゆり観光センター

余談ですが、姫百合って漢字で書くのですね。

14:55 平和祈念公園

岬攻めの前にもう少し国道331号線をドライブ。
時間の関係で施設には入らず、沖縄平和祈念堂の写真撮影のみ。

沖縄平和祈念堂

15:30 喜屋武岬・平和之塔

喜屋武岬

ここは沖縄本島最南端の岬。
行った当時道路改良の途中なのか、狭い道や砂利道も結構走らされました。
このときは訪れるライダーも1〜2名かつ車での観光客もまばらで、波の音をはっきりと耳にするほどの静けさの中、沖縄の海を見に来たという満足感にしばし浸りました。

喜屋武岬

平和之塔

平和之塔

波音をずっと聞き続けるとなんだか落ち着きます。

小さなバス停のような標識もありましたが、当時運行前でした。
いとちゃんminiというネーミングがコミュニティバスらしいようならしくないような。

いとちゃんmini

喜屋武埼灯台

のんぴりしていると、もはや他に立ち寄れる場所もなく、レンタカーの返却時間も迫ってきたので那覇へ戻ることに。

16:20 那覇市街地

来た道戻りで返却時間に間に合わせるべく那覇空港周辺まで目指してドライブ。
そういえば、途中で見えた糸満市役所の建物が斬新だと思いました。

満タン返し指定のガソリンスタンドへ入る側道を2度入り間違い。
フェリー乗り場あたりまで迷い込むとか。

16:30 ニッポンレンタカー

ガソリンスタンドへの出入りで周りを2周ぐらいしてしまってタイムロス。
若干遅れてしまった。すみません。
LCCターミナルとを往復する送迎バスは少し待ったものの、搭乗手続きの時刻には問題なし。

ニッポンレンタカー送迎バス

16:50 那覇空港LCCターミナル

今回は余裕をもってチェックイン。
ターミナルの建物探訪も一通りやっていたので、早々に搭乗待合室でのんびり。
搭乗待合室へ入ってから飛行機の出発遅延アナウンスがあり、待ちぼうけ気味に。これぞLCCクオリティ。

18:00 搭乗開始

行き先がよくわからなかったけれど、ちょうど出発したpeachの飛行機を見ながら乗り込みました。

那覇空港

20:05 到着

前回よりもっと遅くなった。25分遅れ。なぜ?
到着はボーディングブリッジではなく地上へ降りて第1ターミナル到着口(当時)へ向かうことに。

福岡空港 福岡空港 福岡空港第1ターミナル到着口

 

旅を振り返って

前回よりもタイトなスケジュールに感じましたね。さすがにレンタカーを借りて返すまでの時間が4時間足らずでは。
今回のドライブコースでは良い景色や観光地をピンポイントで巡ることになり、回った先の印象は残るものの、思いっきりシーサイドを疾走というわけではなかったため車を走らせる楽しみを味わうことはできませんでした。

やはり、3~4日は沖縄に滞在しあちこち行って楽しんでみたいですね。
(そして本当に3~4日も行っちゃったなんて言えない)

 

1回目の弾丸日帰りはモノレールで那覇市内の名所へ。
こちらもお読みください。

福岡から沖縄へLCC日帰り弾丸ぶらり旅[Day1]

投稿者プロフィール

とものすけ
とものすけ
福岡市在住。気になったことはとりあえずネタにする主義。かしわうどんと沖縄そばとを優先的に選んで食べる。Love Perfume !!!

関連記事

  1. 熊本城の桜 熊本市内と熊本城の桜~2016九州の桜たち(長崎・福岡・熊本行脚…
  2. 守礼門 福岡から沖縄へLCC日帰り弾丸ぶらり旅[Day1]
  3. 熊本城2016.4.3 熊本地震から半年
  4. 立山公園の桜 長崎市立山公園・平和公園の桜~2016九州の桜たち(長崎・福岡・…
  5. ドリカム新幹線 九州をどこまでも!期間限定のドリカム新幹線に2回乗ってきた
  6. 舞鶴公園の桜 福岡市西公園・福岡城跡・舞鶴公園~2016九州の桜たち(長崎・福…
  7. 熊本城 熊本地震から1年後の熊本城

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 太宰府天満宮と梅
  2. よかウェブ研究室ホーム画面
  3. 博多駅イルミネーション2018
  4. 警固公園イルミネーション2018
  5. 読谷山そば
  6. 熊本城
  7. 明治通り側の桜の木
  8. 喜屋武岬

YouTube

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーリンク

PAGE TOP