マリノアの国内最大観覧車が営業終了

この記事は約2分で読めます。

福岡市の、それも西部の景色がお気に入りの自分にとってはショッキングなニュース。
マリノアの観覧車の大きい方がなくなっちゃうんだって。
日本一の観覧車が9月いっぱいで営業終了(ニッカンスポーツより抜粋)

 福岡市西区にある高さ120メートルを誇る国内最大の観覧車「スカイドリームフクオカ」が9月いっぱいで営業を終了することが決まった。運営会社によると、解体して台湾企業に売却し、現地に移築する方針だという。
スカイドリームは2001年12月、台湾の海運大手「エバーグリーン・グループ」(台北市)の子会社が運営する複合娯楽施設「エバーグリーンマリノア」内に開業した。8人乗りのゴンドラが60機あり、20分で1周。福岡の美しい夜景も一望で、カップルや家族連れの人気を集めた。
しかし、02年以降、徐々に利用客数が減少。現在はオープン当初の半数以下で、老朽化に伴う補修費用も必要となる中、エバーグリーンと台湾企業の売却交渉がほぼ合意に達したという。

マリノア内の国内最大観覧車、搭乗今月末まで(博多ターミナル)

 福岡市西区の複合娯楽施設エバーグリーンマリノアにある国内最大の観覧車スカイドリームフクオカが9月末で営業をやめることが決まった。運営するエバーランド(同市)が2日明らかにした。搭乗は30日午後10時が最後となる。台湾の別の企業に売却し、解体して移築する。
同社によると、観覧車の事業自体は黒字だが、年々入場者が減少し、今後、補修費用の増加が見込まれるため、他社への営業委託や休止を検討していた。
スカイドームフクオカは01年に営業を始めた。地上高120メートルは日本一で、博多湾や市街地を一望できる。エバーランドは台湾のエバーグリーングループの日本法人で、施設内でホテルや結婚式場も運営している。

まだ2回しか乗ってないんだよねえ(2回も?)。
ゴンドラの外から見る風景、特に海が広がる眺望と山に向かっていく福岡の地形は福岡タワーとはまた違うものがありました。
乗らなくても、夜ちょっとクルマを走らせてライトアップされる観覧車を何度といわず被写体に収めたものですが、それも今月限りですか。
6月だったか、一度営業終了になるかもって記事が出てびっくりしたのだけど、まさか現実になるとは。残念です。
アウトレットの建物がいろいろと建って全貌をアップで撮るのが難しくなったのだけど、半分だけでもその存在感は抜群。
090809_230711.jpg
ちょうど6年前。これは今でも自分のお気に入り。
マリノア観覧車2003

スポンサーリンク

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました